子ども好きには持ってこいの保育士|大学で学べる基礎や応用

やりがいのある仕事

笑顔の男女

男女共に活躍できる職業

保育士を目指している方は多く、最近では男性の保育士も当然となっています。一昔前までは女性が就く職業として認識されていましたが、今では性別に関係なく多くの方が現場で活躍しています。短い期間で言うと、学ぶことができる場所に専門学校や短期大学などが挙げられます。卒業までの期間が短いということもあり、授業内容も詰め込まれているでしょう。それに比べると、4年制大学は時間にゆとりがあります。実習の数も多い大学であれば、保育園との交流が多くて学べることも沢山あるでしょう。国に認定された学校なら、在学中に資格が取得できます。国家試験を受ける必要はありませんが、中退をする場合はもちろん無効になりますのでしっかりと卒業まで頑張っていきましょう。

学校選びには要注意

良い大学を見極めるポイントとしては、やはりイベントの多さに注目してみると良いです。1年生の頃は基礎知識を覚える事でいっぱいいっぱいになるかもしれませんが、2年生になると少し余裕が出てくるでしょう。本格的な実習が始まったり、発表や試験などもあったりします。また、研修や交流会もあるので、実際に子どもたちと接する機会が設けられています。子どもたちを交えての文化祭やクリスマス会はとても楽しいものですし、思い出深いものとなるでしょう。出席日数をきちんと満たし、行ないにも気をつけていれば卒業できます。無事に卒業が約束されたのであれば、勤務先を決めていくと良いでしょう。学校によっては、卒業後に保育士の国家試験を受ける場合もあります。通いたい学校を見つけたら、資格の取得方法や授業内容などをきちんと把握しておくべきです。

資格を取得する為に

先生

保育士を目指して勉強する人が増えてきている中、主婦や仕事をしながらでも勉強ができる通信制の専門学校があります。もちろん、一般的な専門学校や大学に通うという選択も主流となっています。

もっと知ろう

現場で学ぶ

保育園

保育士の資格は、必ずしも学校に通っていないといけないわけではありません。大学に入学すると有利になりますが、大切なのは実務経験なのです。早くから現場に出ておき、色々と慣れておきましょう。

もっと知ろう

慎重に選ぶ

女子学生

保育士になりたいのであれば、やはり実習が多い学校へ通うのが一番です。現場に出て小さな子どもたちとの触れ合いが、今後に繋がるとも言えるでしょう。学校選びは慎重に行うべきなのです。

もっと知ろう