子ども好きには持ってこいの保育士|大学で学べる基礎や応用

慎重に選ぶ

女子学生

豊富な種類から選ぶ

保育士になりたいけど、どの学校に通うべきなのかがわからないと悩んでいる人は少なくないでしょう。保育士の専門学校もありますし、短期大学や4年制大学には保育学科が存在しています。取得できる資格に変わりはありませんが、なぜこんなにも種類があるのでしょうか。それは授業内容が大きく関係しているようです。また、4年制大学の場合、保育士の他にも色々な資格を取得することができるチャンスがあります。幼稚園の教員になりたいのであれば幼稚園教諭一種、小学校の教員になりたいのであれば小学校教諭一種を取得する必要があるでしょう。保育士は主に0~5歳児のお世話をします。年代別で考え、取得するべき資格を選んでいくと失敗がありません。

実習を重要視する

専門学校や短期大学とは異なり、卒業までの期間に余裕のある4年制大学です。じっくりと時間をかけて授業を進めていくのは良いのですが、大学によっては実習が少ない場合があるので要注意です。保育士を目指しているのであれば、必ず現場での経験が必要となるでしょう。実習が少なくても、質の良い授業は受けられるものです。また、試験を受けなくても資格が取得できる大学も多いです。しかし、経験がなければ卒業後に焦ってしまう可能性が高いです。5歳児までの小さな子どもたちと触れ合って学ぶことも沢山ありますので、実習の数に目を向けながら大学を選ぶようにします。学校に通いながら、小さな子どもたちと触れ合えるような環境でバイトをするという選択肢もあります。