子ども好きには持ってこいの保育士|大学で学べる基礎や応用

資格を取得する為に

先生

需要の高い資格

最近では保育士を目指そうと勉強する人が増えてきています。1998年までは女性だけが保育士の資格を取得することができていましたが、1999年から男性でも保育士の資格を取ることができるようになり、今では男性の保育士も徐々に増えてくるようになってきています。子育てが落ち着いて仕事ができるようになりたいと思う主婦や、子供が好きだから保育士をしたいと思いながらも別の仕事をしている人などもいます。そのように思う人も増えている中、保育士の資格取得の勉強ができる大学があります。高校を卒業した後に進学するのが一般的でしょう。

様々なルートが用意されている

高校卒業後、保育士になるまでの道のりは人によって異なるでしょう。厚生労働省が認めている大学や短大であれば、資格の取得が約束されています。特別な試験などは受ける必要がないということです。これは主に4年制大学に言えることでしょう。他には、専門学校を卒業してから国家試験を受けるというルートも存在しています。資格を取得すると保育士登録簿に名前が載りますので、働く際の証明にもなるでしょう。また、高卒でも保育士を諦める必要はありません。保育士の国家試験に受かり、数年間の実務経験があれば問題ないでしょう。資格を取得している事も大切ですが、現場に出たという経験が何より重要となるのです。即戦力にもなりますし、力も発揮できるのではないでしょうか。現場で活躍できる人材となりましょう。